Nikkyのケーナ (ケーナのオリジナル製作)

onlineshop_01.jpg

ミームのオンラインショップでのみ購入が可能な『Nikkyのケーナ』

◆F管  ¥12,000
◆G管/A管  ¥8,500
※消費税・送料込み / 袋つき

Nikkyのケーナは全てオリジナル製作となっております。
ご注文を頂いてからの製作開始となりますので 完成までに2~3週間必要となります。


デイバッグから、ゆっくり取り出して 風に「アメージング・グレイス」を乗せてみる。
その優しい音が 汚れをすべて落とすように木々の緑や、空の青さに溶け込んでゆく。

onlineshop_02.jpg

ケーナは竹に穴が開いただけの いつでも、どこででも簡単に吹ける素朴な笛です。
製作者によって大きく意見が異なり、製作過程も方向も違う複雑な笛でもあります。

Nikkyのケーナは千葉県産の女竹を使用し、伐採から 完成まで13以上の工程を経て
すべて完全な手作りで仕上げます。乾燥期間を含めると3年以上の時を必要とします。

一般にケーナと言うと ほとんどがボリビア・タイプです。
太めでパワフルで おおらかな音が特徴で、
アンデスの民謡フォルク・ローレに適しています。
南米の尺八・・と考えてください。(ピッチは440Hzがほとんどです。)
一方、アルゼンチン・スタイルは細めで、繊細。優しい音が特徴です。
ポピュラー音楽からフォルク・ローレまで幅広く適します。
縦型の竹のフルート・・・と考えてみてください。(ピッチは442Hzにしています。)
高音域が安定している・持ちやすい・息が続きやすい・・などの点で
Nikkyケーナはアルゼンチン式を採用しています。

ケーナ製作者・演奏者として我が国 屈指、特にアルゼンチンスタイルでは重臣である
河辺晃吉に師事しました。
氏は勿論、あの「コンドルは飛んで行く」「灰色のひとみ」で有名な
ウニャ・ラモス氏もこのアルゼンチンスタイルを使用しています。

唄口の形・巻き糸、塗装の有無にも異論はあると思いますが、
見た目の美しさ、強度、割れ予防などを考え4箇所に糸を巻き、
カシューナッツから抽出した人工ウルシを塗布しています。
2006年4月現在で450本以上の製作をしました。
天然の竹は色や形は勿論 肉の厚み、繊維の密度、管内の様子など1本、1本がみな異なります。
同じものは1本もありません。
その異なりがそれぞれの個性、音色を持たせます。生もの故に完璧なものはありません。
人間と同じです。
その素朴さが あの、どこか儚げでもの悲しい、そして優しい心に響く音を出しているのだと思います。
在庫もございますが、お急ぎでなければ注文があり次第、制作に入ります。
3~4週間を考えて頂ければ結構です。
塗装・糸巻きの有無、利き手の違いなど連絡くだされば対応いたします。


onlineshop_03.jpg【師匠 河辺晃吉氏のメセージ!】

NIKKYがケーナの話をする時はいつも「わからない」「難しい」「失敗した」ばかり。
わからないと思ってる人は進歩します。
難しいと思ってる人は上達します。
失敗は沢山したほうがいい。
だからNIKKYはいいケーナを作れるんです。


お問い合わせ・ご注文は、
お問い合わせフォームからお入りください。


*NIkkyは現在、宮古島に移り住んでいます。